心臓ドックで体の中を調べる|病気の悪化を防ぐ方法

医者と看護師

心臓や動脈の定期試験

医者

心臓は一生の間休まずに働き続けます。長い人生を経る中では機能が衰えて心疾患を発症することもあります。心臓や動脈の状態を心臓ドックで定期的に検査することにより、命にかかわる心疾患も早期発見が可能です。心臓ドックでは冠動脈CTやMRI・胸部エコー検査などいろいろな種類の検査が行われます。

Read More

突然死を未然に防ぐ

医療

心臓の病気はとても恐ろしいものです。酷くなると死に至ることもあるのです。そんな心臓病を予防するためにも定期的に心臓ドックを受けましょう。最近の心臓ドックでは高性能な機器が使われており、詳しく心臓を調べることができます。

Read More

心臓を専門にした検査

医療

心臓は体の中心地にあり、生きる上での大切な役割を担っています。そんな心臓に負担をかけてしまうと、心筋梗塞や狭心症などの大きな病気につながる可能性もあります。これを防ぐためには心臓ドックを受けていくことで入念に検査を行ってくれるので、健康状態がすぐに把握できます。

Read More

心臓病を未然に防ぐには

しっかりと情報が記載されています。心臓ドックが受けられる病院を探しているのであれば、ココで申し込みを行なうようにしましょう。

心臓病の兆候を察知

看護師

突然死の代表である急性心筋梗塞をはじめとした心臓病ですが、近年増加傾向にあると言われています。高血圧や高コレステロール、糖尿病などが危険因子となって発症します。心臓病の兆候を察知し未然に防ぐために、多くの医療機関で心臓ドックが行われています。急性心筋梗塞の原因としては、動脈硬化が挙げられます。動脈硬化とは血管の内側にコレステロールが蓄積し、血管が硬くなり柔軟性が失われる症状です。コレステロールの塊である粥腫が破裂すると、血栓が形成されることで血管が詰まってしまうのです。心臓の血管である冠動脈が閉塞することで起きる急性心筋梗塞ですが、心臓ドックでは冠動脈まで鮮明に見ることができます。また、心臓の筋肉の動きや弁の状態などを詳細に見ることができるため、心臓病の早期発見・治療が可能となってきています。

検査内容と受けるべき時期

心臓ドックは一般的な検診の他、心臓に関する検査が充実しています。料金は医療機関によって様々ですが、心電図や冠動脈CT、心臓超音波検査であれば約3万円程度が目安です。加えて負荷心電図やホルター心電図、MRIやCTなどの検査が入るとさらに高額になります。負荷心電図やホルター心電図は一般の検診とは違って、診断能力が高くわずかな異常も察知することができます。負荷心電図は軽い運動後に心電図を測定するもので、心臓への負荷を高めることで異常を発見しやすくなっています。ホルター心電図は24時間装置を装着して記録を取るもので、1日の中でわずかにしか起きない異常を検出することができます。最先端のMRIやCTでは、立体的な動画で鮮明に心臓や冠動脈の状態を確認することができます。心臓ドックは50歳を目安に受けたほうが良いとされています。しかし、高血圧や糖尿病などの症状がある場合は、早めに受診すると早期発見につながります。