心臓ドックで体の中を調べる|病気の悪化を防ぐ方法

医者

突然死を未然に防ぐ

最新の画像診断技術

医療

心臓の血管が動脈硬化などが原因で詰まると、血流が滞り、発作が起きたり、心臓が停止したりします。心臓の不調は、死に直結するのです。動脈硬化は徐々に血管が詰まるので、事前に検査をしていれば進行をくい止める管理が可能です。心臓の血流異常も検査で発見できます。定期的に心臓の検査を受けていると、突然死を未然に防ぐことが可能になるのです。心臓の定期検診は、心臓ドックが最適です。心臓ドックでは、心臓画像診断で、わずかな異常も的確にとらえられます。画像診断の技術革新はめざましく、心臓を立体的に映し出す技術も進歩しています。これまでの心臓CTでは、X線の被爆量が問題でしたが、近年行われるようになった心臓MRIでは、磁石と電波によって、3D映像を映し出せるようになっています。

検査実績も重要

心臓ドックは、実績のある医療機関で受診するのがおすすめです。インターネットで病院のサイトを見ると、検査実績が調べられます。最新の検査機器を導入している心臓専門の医療機関なら診断技術も確かです。医療機器が進歩しても、最終的な画像判断は人が行います。経験豊富な専門のスタッフがチームを組んで画像診断をしてくれるシステムなら最適です。チームなら、ひとりが気づかないわずかな閉塞に、別のスタッフが気づくことも可能です。心臓ドックは画像を撮影してからが重要で、時間をかけてじっくり診断し、見逃しのない医療機関がよいのです。そのために事前に検査実績を調べ、過去の実績で判断することも必要なのです。心臓は重要な器官だけに、心臓ドックは寿命を左右しかねません。